日本盛の美人コラーゲンは無香料・無着色・防腐剤不使用で、体の内側からコラーゲンを補給する健康食品です。日本盛りの美人コラーゲンにはどんな特徴があるのでしょうか。

他の健康食品メーカーのコラーゲン・サプリメントに比べてどんな点が優れているのでしょうか。ヒトの肌にも多く存在するコラーゲン。皮膚の中でも真皮層に多く存在して表皮層を下側から支えていて、肌に弾力があるのはコラーゲンの賜物です。

でもコラーゲンは加齢とともに減少してしまいます。かといって天然の食品に含まれるコラーゲンは、分子量が大変大きな物質でそのままでは吸収されません。

日本盛 美人コラーゲンは加齢に伴って減少していくコラーゲンの生成を効果的に活性化するサプリメントです。最近のナノテクノロジー技術によって、分子量を小さくして吸収されやすくしています。しかも無香料・無着色で防腐剤無添加なので、余計な合成化学物質が含まれないので安心です。

いくら身体に良いからといっても匂いがきつかったり、味がまずくては利用し難いですね。日本盛の美人コラーゲンは白身魚のウロコから抽出したコラーゲンの「マリンコラーゲン」を用いているので匂いもほとんどなく飲みやすいそうです。

コラーゲンはヒトの肌にも多く存在します。皮膚の真皮層に多くあってその外側の表皮を下から支えて、肌に弾力を持たせるという大変重要な役割りを果たしています。

でも天然のコラーゲンの分子は、いくつものアミノ酸が連鎖した構造で分子量のとても大きい物質で、そのままでは吸収され難いという性質があります。一般に食品に含まれるコラーゲンは日常の食事では吸収されにくい物質なのです。

日本盛は化粧品でもポピュラーですが美人コラーゲンは日本酒の醸造の過程で生まれる新鮮で良質の米ぬかから抽出したセラミドやイノシトールを配合しているので、肌のバリア機能が増すとともに、肌の潤いもアップします。セラミドは保湿効果に優れた脂質成分で、肌の皮膚細胞間の隙間を埋めるので保湿効果が高まります。 米ぬかの美肌効果です。



アスタキサンチン入りのもろみ酢が最近注目を集めています。
どのような特徴や効果があるかのでしょうか?

アスタキサンチンには強力な抗酸化作用があることです。
それゆえ、アスタキサンチンは身体の細胞の老化を抑える働きがあり、血行促進や、眼精疲労の改善、動脈硬化の予防をサポートします。

とりわけ、アスタキサンチンには血液と脳内組織液の交換を制限する血液脳関門を通過して脳神経に作用し、脳梗塞や脳卒中を予防に役立つといわれます。

他方、もろみ酢とは古来から沖縄に伝わるお酒の泡盛の生産過程で生じるもろみから抽出したエキスを飲みやすくしたものです。

もろみ酢は、体内の過剰な脂肪を燃焼させるクエン酸やアミノ酸を豊富に含んでいて、身体の基礎代謝レベルを上げる作用があります。したがって、もろみ酢を愛用することで身体に脂肪が溜まり難くなります。

またアミノ酸はコラーゲンの源と言われ、皮膚細胞の再生が促進され美肌効果が期待されます。
アスタキサンチン入り もろみ 酢としては、沖縄産アスタキサンチン入り琉球もろみ酢が有名ですね。このアスタキサンチン もろみ酢には黒糖が含まれているため、まろやかで大変飲みやすいもろみ酢なのです。


アスタキサンチン関連サイト

アスタキサンチンの効果・効能 〜 驚異の抗酸化力!
自然界ナンバー1の抗酸化力があり、体内で発生する活性酸素を打ち消し、肌の老化や生活習慣病の予防に役立つアスタキサンチンについて解説しています。

馬プラセンタや豚プラセンタなど、動物プラセンタにはどうやら匂いはつきもののようですね。

先日、東京ビックサイトで「食品開発展」という展示会でプラセンタが展示されていました。馬プラセンタのサンプルをくれるというので、2つもらってきました。

早速、家に持ち帰って試食しました。透明なグラスのコップに入れてみたら、見た感じは乾燥させた果物のような色や感触で、味も柑橘系のようでした。

匂いがあるというお触書がありました。でも私にはその匂いは全然違和感はありませんでした。

でも食べたあとの後味がどうも尾を引くような、ちょっと戻しそうなスッキリしない味がいつまでも残り、気になりました。

お腹の具合もどうも変で、馬プラセンタはどうも私のお腹には合わない感じです。 プラセンタ サプリメントのようなソフトカプセルならば大丈夫なんでしょうけど。



最近、プラセンタの商品に、馬プラセンタを原料に使用するのが出回ってきました。

プラセンタエキスとしては、豚プラセンタがもっともポピュラーですが、それに比べて馬プラセンタはどういった点が優れているのでしょう?

まず、プラセンタの歴史から言えば、一番最初はヒトのプラセンタが使用されました。今でも医療分野に限って使用が認められています。ただし、伝染性の病原などの心配もあります。提供できる量もおのずから限りがあります。

そこで、ヒトプラセンタの代りに当初は、牛プラセンタが着目されたといいます。でも、牛も狂牛病や、最近は口蹄疫などの病原性の心配があります。また、ヒトプラセンタほどでないにしても、やはり供給には限りがあります。

それから、無菌にちかい豚、すなわち、SPF豚の管理飼育技術が確立され、品質の高い豚プラセンタが安価に大量に供給されるようになっています。多くのプラセンタドリンクやプラセンタカプセルなどの原料になっている、今でももっともポピュラーなものです。

さらに最近出回ってきた馬プラセンタは、豚プラセンタに比べるとアミノ酸などの栄養価が高いのです。

それに馬は、牛や豚などにくらべて、体温が高いんです。体温が高いということは、寄生虫が住みつきにくいという特徴があります。もちろん、狂牛病にかかることもありません。きちんと管理飼育されたサラブレットだけのものを原料に使用するので、安全性非常に高いのです。プラセンタ サプリメントの商品にも使用されています。



ノニジュースは、ノニの栄養素を摂るのにもっとも典型的方法です。最近は、激安 タヒチアン・ノニジュースが販売されたりしています。また、ノニ茶だとか、ノニ・サプリなどでもノニの栄養素は摂れます。

その中でもノニジュースは、ノニの果汁を直接摂るわけなので、一番確実な方法のように思います。ただし、欠点はノニ果実の実はけして美味しいとはいえないことです。それで飲むのを敬遠する人も多いのではないでしょうか。そこで、他のフルーツを混ぜたり、醗酵させたりして、飲みやすくしたものも多く出回っています。

また、ノニジュースの品質にこだわる方は、オーガニックと認定された銘柄を選ぶのもいいでしょう。

そのオーガニックノニとは、単に有機栽培でノニを栽培したからといって、オーガニックと称して言い訳ではありません。オーガニックの品質を認定する基準があって、それが認定されないと「オーガニック」のお墨付けはもらえないのです。

日本では、農林水産省の定める有機JAS認定があります。農薬や化学肥料は一切使用しない、使用する肥料は有機肥料だけです。その環境で栽培したノニだけが認定されます。

そして、火山性の地でミネラルが豊富な肥沃な土壌で、この完全オーガニックで栽培されたノニなら最高でしょう。



日本でもノニが一般に浸透してきました。あの北斗晶が新聞の広告記事などにも登場して、すっかりポピュラーになりました。

新宿には、タヒチアン・ノニジュースで有名なタヒチアンノニが事務所ビルを構えるほどですので、それなりに需要もあるのでしょう。

私が初めてノニを知ったのは、それはニューウェイズでした。ニューウェイズの取扱い商品に、ノニ茶があるのを知ったのがキッカケです。最初は、なぜそんなにお茶の種類の一つが注目されるんだろうと半信半疑でしたが・・・

それが、ノニについて知れば知るほど、こいつは凄い、なんとバイタリティの溢れる植物なのでろうと感心する次第です。ノニはポリネシアに点在る島々では、二千年以上にわたって奇跡のフルーツとして親しまれてきました。実際、ノニには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など驚くほど多彩な栄養素が含まれています。

でもノニというと、あの熟したノニの実の腐ったチーズのような何とも嫌な匂いを思い出します。青汁などと、テレビ番組の罰ゲームでも使われるほど、飲みづらいジュース・・・

それが、最新のナノテクノロジー技術を駆使して、新鮮なノニ実ジュースを栄養素の品質を劣化することなくカプセル化されて、ノニは飲みやすく、しかも、いつも携帯して持ち運べるようになりました。サプリメントのノニならば、あのノニの独特の匂いのクセがあって飲みづらいという方も無理なくノニを摂ることができます。

プロレスラーの佐々木健介の奥さんで、しかもマネージャを務める、タレントの北斗晶さんが新聞紙上で宣伝しているノニ濃縮ソフトもそうです。

ノニ・サプリメントは、ノニ実に含まれる140種類といわれる多岐に渡って満遍なく含まれる栄養素を損なうことなく、濃縮してソフトカプセル化したものです。ノニの品質の劣化はありません。バランスよく栄養素を含まるので、食事だけでは不足する栄養を簡単に補給できます。しかもダイエット効果が期待できます。


関連サイト

ノニの効能・効果・効用
ビタミン、ミネラル、酵素、アミノ酸など、驚異的な数の栄養素が含まれ、様々な生活習慣病の予防やダイエットに役立つと言われるのについて解説。




タヒチアン・ノニジュースが激安で手に入るようになりました。しかし、ノニって実に不思議な植物ですね。なにしろ、栄養成分の種類が多いのには驚きです。

その中の一つのスコポレチンやプロゼロニンの効能は素晴らしい。ノニが熱帯のポリネシア地方にあって、生命力逞しく生きながらえれる理由の一つにこうした根源的な栄養成分が含まれるかしら?!

たとえば、スコポレチン。最近ではその血管を拡張する作用や、うつ症状の緩和する働き、さらには抗ヒスタミン剤としてなど、さまざまな作用が報告されています。

また、プロゼロニンは細胞の中に取り込まれると、ゼロニンという成分に変化するそうです。これは、免疫力を向上させる働きがあります。ということは、ガンの予防などにも役立ちそうですね。

細胞レベルの健康維持に関与するわけで人の身体の健康のために欠かせない成分です。

また、一説によれば、脳の中にあって、スコポレチンが松果腺を刺激することでメロトニンやセロトニンの分泌が促進するそうです。

これらがノニの効能に一役買っているんでしょうね。