思春期のにきびもケアが大切ですよ。10代後半の思春期の頃はだれもがニキビに悩みます。ほとんどは大人になれば自然に解消されてしまうので、いわば思春期のシンボルなんだからほっといてもいいだろうと安易に考えるのは早計です。にきびは皮膚の炎症ですから、酷くなると顔中が赤いブツブツになったり、大人になってにきびが治ってからもクレーター状に凹凸が残ったりします。一生に問題なのです。

なぜ思春期になるとニキビができるのか?

思春期のにきびのケアを考える前に、なぜ思春期になるとニキビができるのか不思議に思いませんか。これはこの年頃というと第二次性徴期といって体が一人前の大人に成長をとげる時期です。成長ホルモンの分泌が活発で、皮脂腺も一人前の大きさに成長します。ということは立派に大きくなった皮脂腺から大量の皮脂が分泌されることになります。しかもこの年頃の皮脂は中性脂肪を多く含んで脂っぽいのが特徴です。

皮脂腺から分泌された皮脂がスムーズに毛穴から外に排出されていれば問題ないんですが、脂っぽい皮脂が大量に分泌されるのでどうしても詰まりやすくなります。とくに女の子の方が生理の前後に性ホルモンが変わるので思春期のにきびに悩む傾向にあります。

皮膚の表皮細胞はターンオーバーと呼ばれる周期で新陳代謝を繰り返しています。だいたい4週間ほどの周期です。新しい表皮細胞が一番下側にできると一段ずつ上に押し上げられて、やがて角質細胞となり最期は角化して自然と剥がれ落ちていきます。ところが思春期のころはこのターンオーバーが乱れがちです。そうすると毛穴を塞いでしまい思春期のニキビの要因です。

思春期のにきびのケア

では思春期のにきびのケアはどうしたらよいのでしょう。やはりなんといってもこまめに洗顔して毛穴に溜まった皮脂や汚れをきれいに洗い流すことです。ただし、ナイロンタオルでゴシゴシ洗ったりとか過度な洗顔は禁物です。朝晩二度ぬるま湯のお湯で正しい洗顔に心がけましょう。

また日常の生活習慣も正すことが大切ですよ。ストレスや睡眠不足は男性ホルモンの分泌を促し、皮脂の分泌を活発にするといわれます。また、甘いものや油っこいものを食べ過ぎたりとか食生活の乱れもよくありません。便秘などもニキビを誘発する原因です。思春期のにきびのケアは日常の生活習慣からといっても過言ではありません。

でも顔に赤いブツブツや白い吹き出ものが多くて困っているかたは、化粧水や薬などで、適切な思春期のにきびケアをすることで症状を軽くすることもできますよ。

皮脂腺から分泌される皮脂がスムーズに毛穴の外に排出されるように、化粧水で肌に水分を補給して肌に潤いを持たせることも効果があります。肌が乾燥するとどうしても皮脂の通りも悪くなりなるので、肌の保湿ケアに心がけることです。

思春期にきびと薬

思春期のにきびのケアとして治療薬も有効です。眞鍋かをりさんもコマーシャルしているプロアクティブも効果があったという声をよく聞きます。皮膚科の病院で処方される薬には内服するものと塗布するタイプのものがあります。抗生物質は即効性があるけど、菌が抗生物質に耐性化するのであまり頼りすぎないことですね。



無添加 天然成分スキンケアのHABAから発売の洗顔料は極力無添加にこだわるHABA研究所の製品で敏感肌や超敏感肌にもお奨めなアミノ酸系の洗顔料です。

肌が荒れやすく皮脂腺から過剰な皮脂が分泌されたり、肌のターンオーバーの周期が乱れて古い角質で毛穴が塞がれてニキビが悩まされている方にもこのアミノ酸系洗顔料はお奨め無添加の毛穴ケア 化粧品です。

このハーバー研究所の無添加で天然成分のスキンケア 洗顔料(タール色素無添加)スクワパウダーウォッシュは、弱酸性アミノ酸系洗顔料ですからとてもさっぱりしています。

それでいてつっぱり感もありません。肌の余分な角質はキレイに洗い落とします。肌の潤い成分までも洗い落としてしまうということはありせんので敏感肌やニキビ肌の人にも安心な洗顔剤です。

スクワパウダーウォッシュには石油系の界面活性剤や保存料が無添加であるだけでなく、天然の保湿成分であるウンシュウミカン果皮エキスやオウゴンエキスが配合されていますので、大変しっとりと洗い上がります。効果をアップするためには正しい洗顔方法でたっぷり泡立てることです。

無添加主義HABAの無添加で天然成分のスキンケア 洗顔料ですのでタール系色素や合成の香料、界面活性剤、保存料などの心配はなくて安心ですね。実際全成分表示をみても石油系由来の成分は見あたりません。



無添加 洗顔フォームのアトピー効果を説明します。最近アトピー症状を訴える人が多くなっています。一度体内に侵入した、細菌、ウィルスなどの異物に関する情報を記憶して再び同じ異物が侵入したら速やかに排除する自己防御のシステムが免疫です。

ところがこの免疫システムが強すぎて、それほど身体に悪い影響がないと思われる異物に対しても、防御システムが働いてしまうことをアトピーなどのように、アレルギー反応というそうですね。

このアトピーの発症には、体内に蓄積された有害物質の量と関係が深いといわれています。洗顔フォームも合成の界面活性剤などの有害な化学物質が含まれる製品あるようです。

アトピーが心配な方は洗顔フォームも合成界面活性剤などを使用しない無添加の製品を選びたいですね。無添加 洗顔 フォームとして、カウブランドの無添加 洗顔フォームが有名です。この無添加 洗顔 フォームは植物性のせっけんをベースに作られた洗顔フォームです。

合成界面活性剤以外にも、タール色素などの合成着色料や香料も使用していません。アトピーには、無添加 洗顔フォームとしてカウブランドなどいかがでしょう。洗顔料として米ぬか石鹸などもいいですね。



無添加の洗顔 フォームが最近根強い人気があります。無添加の洗顔 フォームっていったい何が含まれていなければ、無添加と言えるのでしょうか。また、一般の市販の洗顔 フォームに比べて顔の毛穴の洗顔効果はどうなんでしょうか。

良く知られている無添加 洗顔フォームのブランドとして、カウブランドの無添加 洗顔フォームがありますね。カウブランドとは牛乳石鹸のブランドですね。カウブランドの無添加 洗顔フォームは植物性のせっけんをベースに作られた洗顔フォームです。

何が無添加かといいますと、タール色素などの合成着色料や香料は使用されていません。また、防腐剤や品質安定剤も使用されていないのがカウブランドの無添加 洗顔 フォームです。カウブランドの無添加 洗顔フォームは、全成分が公表されていますのでホントに合成の化学物質が添加されていないかどうか確認できます。

全成分表示を見ると植物性せっけん成分として、ミリスチン酸、ステアリン酸、ベヘン酸が含まれています。また、保湿成分にはグリセリンが使用されています。このようにカウブランドの無添加 洗顔フォームは基本として植物性の天然成分で作られた洗顔フォームなのですね。したがって、泡立ちも大変マイルドで、汚れは確実に落とし、しかも、肌の皮脂は不必要に取り去らないので、肌にうるおいを残してすべすべに洗い上げます。

クレンジング・洗顔 ケンブロ