完全無添加 日焼け止めのオードヴィーブは人気商品です。オードヴィーブがなぜ完全無添加の日焼け止め(UV)といえるのでしょうか。

天然成分配合のUVクリームと謳いながら、合成化学物質の添加物を加えている日焼け止め剤が多いので気をつけたいものです。

最近も新聞広告で米ぬか由来の自然派化粧品というキャッチコピーで大々的に宣伝する商品を見つけたので、早速全成分表示をみてみたら確かに、有害性が疑われる日焼け止め剤や、合成の着色料や香料などは含まれていません。しかし、乳化剤には合成の界面活性剤が、また、防腐剤としてバラベン、コーティング剤としてジメチコンなどが多用されているのを知りました。

これでは、いくら天然由来の自然派化粧品といっても無添加、完全無添加からは程遠い日焼け止めと言わざるを得ないですね。期待して全成分表示を見たのにガッカリです...

完全無添加の日焼け止めは、皮膚の角質層のバリアー機能が弱っている敏感肌や乾燥肌の人に欠かせないですね。

敏感肌や乾燥肌には、有害な紫外線から肌を守ることも大切ですが完全無添加の日焼け止めで肌荒れを起こさない、さらに、合成化学物質の経皮吸収の心配がない商品を選びたいものです。

完全無添加の日焼け止めって探してみてもなかなか見つからない完全無添加でありながら、そこそこの紫外線を吸収するSPF値の高い商品となると、やはり、オードヴィーブ サンスクリーンでしょうね。

こんな風に考えると、完全無添加 日焼け止めっていったいあるのかなぁと思っちゃいます。なかには、合成の紫外線吸収剤や合成の保存料、着色料、香料が無添加だったら、それ以外に有害な化学物質が含まれていても無添加日焼け止めと宣伝している商品も目につきます。

オードヴィーブに含まれる紫外線吸収剤は、シアバター、アロエ、ホホバなどの天然成分です。それでも SPFは実に 25と高い値を実現しています。もちろん、合成の着色料・香料・保存料も使用されていないですよ。

オードヴィーブならば、ほぼ完全無添加 日焼け止めといっていいのではないでしょうか。



乳化剤無添加・保存料無添加の日焼け止め クリームの売行きは堅調だそうですね。しみやソバカス原因の紫外線は夏だけでなく、冬でも直射日光の下では油断できません。

最近は乾燥肌で肌荒れを起こし易いとか、肌が敏感な人が多くなっていますので、紫外線は極力遮断したいものです。UVクリームは必需品ですね。

正常な肌の人であれば、皮膚の角質層を形成する角質細胞がレンガを積み上げたように規則正しく並び、その間を角質細胞間脂質がびっしりと埋め尽くして、外界の刺激から肌を守るバリア層が機能していますが、敏感肌の人はバリア機能が弱っていますので、紫外線はシミ、シワなどの原因ともなり、影響はより深刻です。

ところが市販のUVクリームの多くは、合成の紫外線吸収剤を使用した製品が多いです。合成の紫外線吸収剤を含まないにしても合成の色素や香料を含んだり、あるいは乳化剤や保存料に肌荒れやアレルギー症のもとになる合成の化学物質を含む製品が多いので、商品を選ぶときは注意が必要です。

なので、敏感肌の人はとりわけ、無添加のUVクリームを日焼け止めとして使用して欲しいものです。

天然成分 日焼け止め クリームは天然由来の成分を使用するので、従来であればどうしてもノリが悪く使用感がよくなかったり、臭いが気になったりとか、紫外線吸収率が低かったりなど、技術的な障害がありました。

でも最近の無添加UVクリーム製品には、合成の化学物質を極力排除して、天然成分100%に近い製品も出回ってきています。値段の方もお求め安くなってきていますね。

ただし、中には無添加UVクリームのような印象を与えるような宣伝の商品もあるので要注意です。乳化剤や保存料に従来の化学物質を多用しているのもあるので全成分表示をしっかりと確認しましょう。

防腐剤無添加、無着色・無香料の無添加 日焼け止めクリームの例としては、ナチュロンUVクリーム、サンスクリーン・オードヴィーブ、HABAのUVプロテクト、ロゴナのサンプロテクトローションなどがあります。サンプロテクトなどは化粧下地 無添加 日焼け止めです。



無添加 日焼け止めのUV対策グッズでヘルシーに紫外線カット!

長時間高速道路をドライブして、顔と腕だけがすっかり日焼けしてしまいました! 紫外線は、シミやしわ、二キビなどの原因! 美容の大敵ですね。

ところで、紫外線には、UV-A、UV-B、そしてUV-Cの3種類があります。その中で、UV-Bは皮膚に赤い斑点を生じさせて、シミ・そばかすの原因となる電磁波です。 したがって、肌や人体に悪影響の紫外線は、日差しの強い夏場は避けたいものです。

しかし、市販の紫外線防止効果のある日焼け止め 化粧品にはウロカニン酸エチル、ベンゾフェノンなどの人体に有害な化学物質が使われている製品が多く見うけられます。

たとえば、日焼け止め剤に使用される、ウロカニン酸エチルは、生体の免疫力を弱め、アレルギー反応を引き起こします。

そして、同じく日焼け止め剤に使用されて、 SPF値が高く、紫外線吸収物質のベンゾフェノンも内分泌を撹乱する経皮毒の一つです。

それでは、まったく無添加 日焼け止めの天然成分100%のUVカット化粧品はないのでしょか?

ありますよ、太陽油脂から発売のナチュロン UVクリームがその無添加 日焼け止めの一つです。 ナチュロン UVクリームは、合成の紫外線吸収剤、合成界面活性剤を使用せず、石鹸で乳化したシンプルな無添加 日焼け止めクリームです。

もうひとつ追加したいことは、植物由来の天然成分配合といいながら、合成紫外線吸収剤・合成界面活性剤が配合されている日焼け止め商品を出しているメーカもあるので気をつけましょう。

この無添加 日焼け止めで、紫外線によるシミ、しわ、二キビの心配ネタが少なくなります!

完全無添加の日焼け止めは他には、トータルヘルスデザイン社のオードヴィーブ サンスクリーンもあります。