シミ取り 美容液を使用することで、シミを薄くしたりシミの発生そのものを防ぐことができます。

皮膚のターンオーバが正常にいっていればメラニンがシミとなることはありません。

それが加齢とともに皮膚細胞の新陳代謝機能も落ちてくるので、メラニン色素が皮膚細胞にシミとして沈着してしまいます。

シミ取り美容液を用いれば、このシミの発生を抑えたりできてしまったシミを薄くすることも可能です。シミ取り 美容液を選ぶポイントして、どんな成分が含まれていればシミ取り効果が期待できるのでしょう。

シミ取りに効果のある化粧品や美容液として、ビタミンC入りのものが一番ポピューラですね。ビタミンCには抗酸化作用があって、シミの原因のメラニン色素の生成を抑えたり、黒色のメラニン色素を還元型メラニンに変える作用があるのです。

次に、シミ取りに効果のある化粧品や美容液の成分として、アルブチンがあげられます。メラニン色素の合成に重要な役割をするチロシナーゼという酵素の生成を阻害する効用があって高い美白効果があります。

また、ラズベリーなどに多く含まれるエラグ酸も、高い抗酸化作用があるので、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える作用があります。

このようなメラニン色素の生成を抑える効果のある成分を含んだ顔のしみ取り美容液を使用することで、シミを薄くしたり、シミの発生そのものを防ぐことができます。

他にも最近は安定型のハイドロキノンを配合したシミ取り化粧水も市販されるようになっています。

でもメラニン生成は、紫外線被害からの身体の自然な防御機能なので無理にチロシナーゼ酵素生成を阻害してもいいでしょうか? 安易に使いすぎるのも危険なような気がします。



しばらく前から、背中に吹き出物のような、赤いブツブツがいっぱいできて・・・

自分の背中はなかなかどうなっているのか、よくわからないんだけど、母親にみてもらったら「これはニキビだよ!」でした。

顔にも季節によってニキビができる時があるので、私はどうもニキビ肌のようで。

ニキビ肌には米ぬかがいいって言いますよね。

それに、敏感肌の私には、正真正銘の無添加の米ぬかはとっても安心です。

それで、さっそく近くのお米やで新鮮な米ぬかをわけてもらって、それを綿の袋に入れて、湯舟にしばらく浸してから背中を洗ってみました。

木綿の木目の隙間から湧き出してきた米ぬかエキスの感触はとっても気持ちいいです。それに、お風呂のお湯全体に米ぬかが広がって、背中だけでなく、全身の肌にいいみたいっです!

もうやみつきになりそうです。
おかげで、背中にきびもだいぶんよくなりました。




化粧品も完全無添加のものが最近注目されています。では完全無添加の化粧品とは、どんな成分が無添加であれば完全無添加といえるのでしょうか?

もちろんいくら完全無添加化粧品だからといって、ノリが悪かったり、法外に値段が高くても現実的とはいえませんが。

また、なかには無添加化粧品と宣伝しながら、乳化剤や防腐剤などは合成の化学物質を使っている製品もあるので要注意ですよ。メーカーなどのキャッチコピーを安易に鵜呑みしてはいけません。

化粧品の防腐剤として、合成の化学物質であるパラベンとかフェノキシエタノールがよく使われます。バラベンは接触皮膚炎やアトピー性になることもあります。

また、フェノキシエタノールもバラベンと比べると毒性は弱いですが有害性のある成分です。無添加化粧品と称して、防腐剤としてパラベンやフェノキシエタノールを含んでいることがよくあるので注意が必要ですよ。

では合成のバラベンやフェノキシエタノールにかわる防腐剤効果をもつ天然由来の成分が果たして存在するのでしょうか?

ローズマリーエキスには防腐剤としての効用があるそうです。アンナトゥモールコスメはこの天然ハーブのローズマリーエキスを防腐剤として使用して、完全無添加化粧品を完成しました。通常、水でも放置すれば腐敗しますよね。

アンナトゥモールコスメはローズマリーエキスの防腐力に着目して、研究に研究を重ねた結果、従来の合成防腐剤を使用した化粧品と同じように常温保存で安心して使用できる完全無添加の化粧品です。

また、有機栽培のノニを配合した化粧品もいいですね。