家庭用脱毛器を実際に購入して利用している方の感想は、買ってよかったという声が多いようです。

私も以前エステで試しにフラッシュ脱毛をやったことがあります。
でも毛深いほうなので、実感として効果が感じられませんでした。それが、家庭用脱毛器を購入して試してみたら、2週間ほどして伸びてきた毛がズルっと抜け落ちるではないですか・・・

利用者の感想でもそれと同じ声が多いです!
私もみんなと同じように効果が出ているんだと思うと嬉しくなりました。

男性の方からも、早い方だと翌日にはもうヒゲを剃ろうとして触ったら抜けてきたとか、2日後くらいからヒゲが生えてくるのが遅くなったとか、などと、家庭用脱毛器の効果を体感したという声が多く寄せられています。

それから、エステでは、VラインからIライン・Oラインとなると、ちょっと抵抗があるという方も多いのでは。家庭用脱毛器ならデリケートゾーンのムダ毛処理はだれにも知られずに、自宅で綺麗に処理できるという口コミも目立ちます。

しかも、肌への負担も少ないので黒ずみなどの色素沈着の心配も少ない、毛穴を引き締める効果もあるとの評も。自分の肌に自信がもてますね。




永久脱毛とは、毛幹細胞を死滅させて髭を永久に処理することです。

どんな方法があるかというと、エステに普及しているフラッシュ脱毛のような光を利用する、医療機関でレーザーや電気絶縁針を利用する方法などがあります。

厚生労働省が通達を出して以来、美容外科や皮膚科では医療レーザー脱毛が、エステではそれよりも出力レベルは低い光脱毛が普及してきました。

最近は、両者の脱毛技術がさらに進化して、ヒゲでもVラインでもムダ毛処理が安全に確実にできるようになってきています。

でもヒゲはとりわけ男性のヒゲは一般に太くて濃いので、体の他の部位の顔、脇、腕や脚、vラインやiラインなどの脱毛に比べて、施術が大変なのではないか、痛みが酷いのではないかと想像しますよね。

医療レーザーはメラニン色素にレーザー光が反応して脱毛する仕掛けです。なので、脇毛やデリケートゾーンなどでもそうですが、じつは、太くて黒い毛ほどレーザーでの脱毛は簡単です。ただし、毛根が焼かれて毛穴にも伝わりますので痛みが伴うようですが・・・。

そこで、最近はダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーによらないで、I2PLといって、フラッシュライト光線を利用した医療レーザー脱毛を取り入れるクリニックも現われてきています。

脱毛時の痛みも少ないだけでなく、火傷などのトラブルも少ないとの評判です。女性の産毛のようなヒゲもキレイに永久脱毛できるそうです。

同じレーザー脱毛でも、アイエピのような家庭用ムダ毛の自己処理ではひげが一度抜けても毛乳頭や毛幹細胞が残っている限り髭は再生してきてしまいます。




ビタミンやミネラルを補うためにサプリメントが大変人気になっています。一粒に栄養素が濃縮されているので、不足分が簡単に摂取できる。反面。過剰摂取の問題も指摘されるようになってきたという記事です。

緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA、植物油に含まれるビタミンE、果物に豊富に含まれるビタミンC。いずれも細胞内の活性酸素の働きを減らす「抗酸化作用」を持つ。サプリメント人気はこうした健康効果の表れだ。

しかし、健康に必須なこれらの栄養素だが、とれば摂るほど効果が大きいのだろうか?

国立がんセンター予防研究部長が「90年代から、欧米を中心に数万人規模の臨床試験がいくつか報告されているが、過剰摂取に注意を促す結果が出ている」と指摘されています。

ビタミンEやベータカロチンは脂溶性で摂取するほど、体内に蓄積されます。健康維持に必要な栄養素でも『適量』があり、摂り過ぎは逆効果だと指摘されています。

厚生労働省は、過剰摂取により副作用(筋肉痛や肝障害など)が認められるビタミンについて、上限量を示しています。たとえば、ビタミンAの1日当りの摂取目安と上限量(50歳女性の場合)は、600 μg REと3000 μg REです。また、ビタミンEは同様に、8mg α-TEと700mg α-TEです。過剰摂取に要注意ですよ。

複数のサプリメントを同時に何種類も併用する場合は要注意です。同じ栄養素を含んでいるのを気づかずに併用しがちなので注意しましょう!

(平成17年7月31日 読売新聞コラムから引用)