ヒゲの永久脱毛

永久脱毛とは、毛幹細胞を死滅させて髭を永久に処理することです。

どんな方法があるかというと、エステに普及しているフラッシュ脱毛のような光を利用する、医療機関でレーザーや電気絶縁針を利用する方法などがあります。

厚生労働省が通達を出して以来、美容外科や皮膚科では医療レーザー脱毛が、エステではそれよりも出力レベルは低い光脱毛が普及してきました。

最近は、両者の脱毛技術がさらに進化して、ヒゲでもVラインでもムダ毛処理が安全に確実にできるようになってきています。

でもヒゲはとりわけ男性のヒゲは一般に太くて濃いので、体の他の部位の顔、脇、腕や脚、vラインやiラインなどの脱毛に比べて、施術が大変なのではないか、痛みが酷いのではないかと想像しますよね。

医療レーザーはメラニン色素にレーザー光が反応して脱毛する仕掛けです。なので、脇毛やデリケートゾーンなどでもそうですが、じつは、太くて黒い毛ほどレーザーでの脱毛は簡単です。ただし、毛根が焼かれて毛穴にも伝わりますので痛みが伴うようですが・・・。

そこで、最近はダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーによらないで、I2PLといって、フラッシュライト光線を利用した医療レーザー脱毛を取り入れるクリニックも現われてきています。

脱毛時の痛みも少ないだけでなく、火傷などのトラブルも少ないとの評判です。女性の産毛のようなヒゲもキレイに永久脱毛できるそうです。

同じレーザー脱毛でも、アイエピのような家庭用ムダ毛の自己処理ではひげが一度抜けても毛乳頭や毛幹細胞が残っている限り髭は再生してきてしまいます。